ママのビジネス時間の作り方

たなゆかです。
今日は、私が実際にやっているビジネスの時間の作り方についてお話しします。

たなゆかのスケジュール大公開

本邦初公開!保育園に通わない2歳7ヶ月の娘と生後3ヶ月の息子と自宅で過ごす私のスケジュール(平日編)です。

ゆずぽんさんが、たなゆかの一日のスケジュールが知りたいとメッセージをくださいました。

 

05:30  娘に起こされ起床
     洗濯
     主人のお弁当作り
     朝ごはん
     娘、息子、自分の身支度
09:45  娘を近くの託児へ
     仕事
11:45  娘のお迎え
     散歩しながら帰宅
     昼食
14:00  娘お昼寝
     仕事
16:00  子供達と買い物
       夕飯の準備
     お風呂
           夕食
20:00  寝かしつけ
21:00  仕事
     主人帰宅、食事、団欒
01:00  就寝

他にも、2-3時間おきの授乳、オムツ替え、娘と遊ぶ、息子に絵本を読んだり、洗濯物を取り入れる、アイロン、掃除などなど、名もなき育児や家事がたくさんあります。

一日の仕事時間は短くて3時間、長くて6時間というところです。

お昼寝は二人が同時に寝るという奇跡が起きた時には仕事をしています。

娘はディズニーの映画が大好きなのでテレビをつけていたらずっと観ています。息子も泣かずに起きている時もあります。でも私は、一緒にいるのに娘にテレビを見せ続け、起きている息子を放って、仕事をすることはしたくないと思っています。だって寂しくないですか?同じ空間にいるのにママはずっとパソコンに向かっている。私だったらすごく寂しい。一緒にいるのにこっちを見てくれないなんて寂しすぎます。だから、子供たちが起きているときはパソコンに向かわないと決めています。あ、急ぎの仕事の場合は例外ですけど、そういうのはほとんどないですね。

インプットの時間は取れるけどアプトプットの時間が取れない

子供たちが起きているときはパソコンに向かわない!
と、言うとかっこいいですが、そうすると仕事時間はかなり限られてしまいます。仕事には、インプットとアウトプットがありますよね。インプットの時間は子育てをしながらでも結構とりやすいんですよ。その気になれば、片耳ワイヤレスイヤホンで一日中インプットできます。片耳で子供との会話はOK!

問題はアウトプット。

アウトプットは集中が必要です。ながらではできない。でも使える時間は限られている。そうなれば、アウトプットの時間を最小限にするしかありません!

私の中で、アウトプットは作業です。アウトプットの時間に考えることはしません。考えるのはインプットの時間にします。アウトプットはただひたすらに、書く、話す、作るの連続です。

アウトプットの時間を最小限にするための工夫

アウトプットの時間を最小限にするために、インプットの時間に実行しているたなゆかオリジナルの工夫をご紹介します。

  • すぐにEvernote
  • 部屋中に張り紙
  • 唱える

Evernote

思いついたこと、気になったことはとにかくメモします。Evernoteという、iPhoneとMacで同期できるアプリを使っています。この時に、絶対やっちゃいけないのが「あとで書こう」です。あとで、は永遠に来ません。ママはマルチタスクなので、思いついたときに書いておかないと絶対に忘れちゃうのです。

部屋中に張り紙

で、Evernote以上にオススメなのが、部屋中にA4用紙を貼りまくります。見た目は気にしません。で、ボールペンは洋服にさすか、各所にセットし、いつでもメモが取れる環境を作ります。2歳くらいになると、親がケータイを触っていると子供も触りたがるので、子供の手が届かない場所に貼るメモはオススメです。子供が寝静まった後に回収して、カメラで撮ってケータイに保存します。

例えば、ブログネタを思いついたとき、ネタを書いた後に、そのネタについて何をどういう順番で書いていくかという構成までを考えてメモしておきます。この記事の場合であれば、メモの時点でここまで書きます。

ママの仕事時間の作り方
・たなゆかスケジュール
・仕事時間=インプット+アウトプット
  アウトプットの時間がとりにくい
  アウトプットの時間を最小限にする
・アウトプットの時間を最小限にするための工夫
  Evernote
  A4張り紙
  口に出す
・さいごに

唱える

最後にご紹介するのは「唱える」。これはまわりに怪しまれる可能性がありますが、私たちはマルチタスク!まわりの目など気にしてられません。例えば、ツイッターライブのネタを出した後は、実際に喋ってみます。スーパーに行くときに、ベビーカーを押しながらブツブツ言っています(笑)。話すことで頭の中ってかなり整理されるんですよ。わかっているつもりでも、話してみると言葉につまったり・・・これって結局わかってないってことなんですよね。なので、自分の理解度を確認することにも役立ちます。

さいごに

いかがでしたでしょうか?

ここまでしないと自宅で子供と過ごしながらビジネスできないの?と思われたでしょうか。私も最初はそうでした。でもね、慣れたら意外と平気です!息を吐くように自然にできるようになります。ぜひ取り入れていただけると嬉しいです。

子どもと過ごしながらビジネスで結果を出すために

2019年6月22日

二人育児とビジネスのリアル

2019年6月21日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください